美容室好きな人集まれ??!!<着付け・エクステ・ドレッド・縮毛矯正・ストレート・カラー・パーマ・カット・アップ・シャンプー・トリートメント>
07 * 2008/08 * 09
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
08/16
水泳女子最高☆
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
美容室の検索なら
プークドットコム『www.po-oq.com』で!!
http://www.po-oq.com/
いますぐアクセス!!!!!!
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


競泳女子二百メートル背泳ぎ決勝が16日行われ、中村礼子(東京SC)は2分7秒13で3位に入り、アテネ五輪に続く2大会連続の銅メダルを獲得した。優勝はコベントリー(ジンバブエ)で、世界記録の2分5秒24。

 中村は準決勝で2分8秒21の日本新記録をマーク。百メートル背泳ぎでは6位に終わったが、その屈辱を見事に晴らした。

■日本女子の意地見せる

 166センチの体が、表彰台の上で大きく見えた。女子二百メートル背泳ぎで、前回アテネ五輪に続くメダルを獲得した。

 最初に出場した百メートルでは予選から力を出し過ぎて徐々にタイムを落とし、6位。その反省を生かし、予選を2分9秒77と落ち着いて入り、準決勝では2分8秒21の日本新記録。「泳ぎと感覚が一致した」。手応えをつかんで挑んだレースだった。

 前年の世界選手権で銅メダルを獲得した中村の世界ランキングが8位まで落ちるほど競争が激しい女子背泳ぎで、この1年は長かった。日本選手権で五輪出場権を獲得しても「なかなか自分が伸びなくて、世界が先に行って…」と表情は曇りがちに。「ご相談があります。私は大丈夫でしょうか」。思いつめた表情で平井コーチに尋ねたこともあった。

 それでも、最後は自分に言い聞かせた。2月の日本短水路選手権で、二百メートルの世界記録を更新したことなどが、支えになった。「世界が速くなったということは、自分も記録を上げる可能性があるということ」

 あきらめずに、この日に備え、1932年ロサンゼルス五輪、36年ベルリン大会の女子二百メートル平泳ぎメダリストの前畑秀子以来となる日本女子の2大会連続のメダル獲得。メダルゼロに終わりかけた日本女子の意地をみせた。

水泳女子もがんばったね!
銅メダルでも十分!w
スポンサーサイト
Copyright © 2005 練馬区の美容室ブログです☆.
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。